IQS
[タレントマネジメント]

特徴

IQSは、タレント要件·属性·成果等を分析し、人材育成プランの作成·最適な人材配置等にご活用いただける、タレントマネジメントシステムです。

導入効果

導入前
  • スキルチェックを紙やエクセルで実施しており、事務負荷が非常に大きい。
  • 適社員のスキル把握が属人的で、定量的なデータに基づけていない。
  • スキルと業績のデータはあるが、人材育成策に活かしきれていない。
  • 年次·職位·業務等に求められる要件·ロールモデルを明示できていない。
  • 社員の意識として研修は「受けさせられている」。自ら必要な研修を「受けに行く」動機付けが必要。
  • 研修は満足度のアンケートにとどまり、効果検証に基づく研修企画ができていない。
  • 面談に十分な時間を割けず、上司によって面談内容にバラツキがある。
  • 昇格の候補者選定等、上司からの推薦にモレや偏りがあり、判断基準が曖昧。
  • 管理職を、部下のキャリアアップを支援できるコーチ人材として育成できていない。
IQS導入後
1.システム化
  • 評価に関する申請·集計作業、スキルの充足管理が効率化·ペーパレス化され、生産性を高めることができた。
  • データが一元的に把握·蓄積され、検索·分析も容易にできるようになり、属人的な管理から脱却できた。
  • IQSの分析結果を、戦力把握·人材配置·人材育成プランの参考データとして活用することができた。
2.可視化
  • 「求められるスキル」と「現在のスキル」を可視化し、ロールモデルを明示できるようになった。
  • スキルをレーダーチャートで表示し、本人と同期平均等を比較することで強み·弱みが把握でき、「指導すべきこと」「やるべき事」がはっきりした。
  • 研修前後のスキル·成果分析により、研修効果の検証·研修内容の再検討ができるようになった。
3.意識改革
  • IQSの分析データを面談ツールとして活用でき、部下と上司のコミュニケーションが活発になった。
  • 上司によく見てもらえていると感じることで、部下のモチベーションがアップした。
  • 上司が部下のことを気に掛けるようになり、コーチング等の人材育成スキルに興味を持つようになった。

ご利用イメージ

属性ごとのタレント要件(資格/講座の取得/受講·スキルの修得等)を一覧で表示できます。

タレント要件·属性を設定して、社員を検索できます。

社員の顔写真を登録·表示できます。

スキルチェックをシステム化して、面談ツールとしてもご活用いただけます。

スキルの可視化·比較分析ができます。

タレント要件と成果の相関を分析できます。

部門ごとのスキル特性を把握できます。
また、時系列で比較して、スキルレベルの推移も把握できます。

【開発中】
PA-RoboPlanner:人事異動支援システム(特許取得済)