LMS
[eラーニング受講管理]

特徴

資格対策講座 ビジネススキル講座 習熟学習講座 マイクロ動画 内定者パック·新入社員パック 産休&育休サポートプログラム

導入効果

導入前
  • 社内教育は集合研修を中心にしてきたが、eラーニングの活用で、社員がいつでも·どこでも自由に学べる環境を整備したい。
  • eラーニングを導入しているが、社員本人と上司任せで、受講率が上がらない。
  • 社内資格や昇格の試験運営を効率的に行いたい。
  • 学習状況や結果の把握を本人からの報告に頼っており、事務負担が大きい。
  • 学習結果の把握が得点だけにとどまっており、詳細を分析して社員教育のデータとして役立てたい。
  • 内定者や社員の資格取得対策において、学習状況の集計·分析、個別フォロー等、人事担当者の負担が大きい。
  • 社内報等、社員向けの印刷物をペーパーレス化したい。
  • 出向者·産休者への給与明細を郵送しているが、コストを削減したい。
  • 社内文書を自宅でも閲覧させたいが、情報流出リスクが気になる。
LMS導入後
1.学習環境の整備
  • 社内で作成したコンテンツ(社長講話·研修資料·社内テスト等)をLMSに掲載し、集合研修の代替手段ができた。
  • 集合研修を撮影した動画をLMSに掲載し、遠隔地や休業中の社員も学習でき、平等な学習機会を提供できた。
  • 昇格試験をLMSで実施する際に、解答の非公開設定·カンニング防止機能が役立った。
2.効率的な受講管理
3.コスト削減
  • 社内報をLMSに掲載し、ペーパーレス化により、印刷·郵送コストを削減できた。
  • 給与明細等を自動配信する機能で、出向者·産休者等への郵送·事務コストを削減できた。
  • 社内文書を社外でも閲覧でき、書類持ち帰り時の事務手間·紛失リスクを低減できた。
    ※詳しくは、DSPViewer[セキュリティソフト]をご覧ください。

ご利用イメージ

教材登録機能

教材として掲載可能なコンテンツの種類

多彩な出題方法·解答形式

出題する問題の抽出方法
出題する順序
解答形式

制限時間の設定

採点結果·解答·解説の公開·非公開

公開·公開日を設定·非公開から選択できます。

カンニング防止機能

テスト画面と異なる画面をクリックすると不正行為とみなし、不正行為回数によって、警告メッセージを表示·全ての解答内容をリセット·強制的に採点処理を行います。

受講管理機能

e ラーニングの学習状況を多角的に把握·分析できます。

受講結果概要
得点分布
受講者別受講結果一覧
出題分野別正解率
問題別正解率

受講状況自動集計·分析·送信サービス(ALPART機能)

ALPART機能は、従来管理者が行っていた、各受講者の学習進捗状況の集計·分析と受講者へのフォローを自動化する機能です。